個人セッションと講座を受講をされている方からご感想をいただきました。
(ご本人の了承を得て、掲載させていただきます。)

=========================================

全体を振り返ると、「なんだか分からないけど気になる」という感覚は信じていいのかなと思いました。

靖国では、何をすることになるのか分からず参加し、思いもよらない満足感を得て帰りました。 意識のピントを変えてみる、初めての体験でした。

その後のセッションでは、全感覚毎、拒絶したい過去の記憶が蘇り、居たたまれない気持ちに。それを受け入れることは、死んでもあり得ないと思いました。吐きそう。。

同日の講座では、これまた受け入れ難い「愛」というワードが。

個人セッションでも、愛というワードが出てきていたのですが、正直、私には愛が分かりません。胡散臭いし、自分から遠い感じがするし…。

けれど、私を守ってくれている?!存在と、何となく繋がったとき、「愛」だと、また言われました。 そうすると、愛について、距離が近くなったような感じがしました。拒むのはやめてみようかなあという気持ち。あっちにやらず、とりあえず見るだけ見てみようという距離感。

それから。 2回目の講座までに、少し時間があったのですが、その間、実生活で驚くべき変化が。 個人セッションで出てきた、死んでもあり得ないことに、真っ向から向き合う決心をしました。

個人セッションの後、ぐじぐじと悩んだという訳でもありません。 何十年前にセットした目覚ましが鳴った感じ。 自分が決心したことなのですが、自分が意識して決めたという感覚ではなく、そんな予定だったのかもしれないなあと、今は思います。

けど、実際は向き合うことを考えると、オェッと吐きそうです。笑

2回目の講座では、意識のピントを、さらに変えられるようになった感覚です。 ここでは、一緒に参加された方とシェアできて面白かったです。

あと、仕事をしていて、話しが通じない理由が、使っている感覚の優位の違いだというのは、すごく納得がいきました。 私は、自分の感覚と近い人が多いほうではないので、この捉え方には救われました。

いろいろ書きましたが、 とにかく面白かった! 楽しかった!


=========================================

ありがとうございました!

その他のご感想はこちら


 IMG_4794